0 Shares

アラサー夫婦が妊娠するために試した5つのこと

突然ですが、妻はこの記事を書いている時点で妊娠16週目です。

私達夫婦は子供が欲しいと思って行動を開始してから妊娠まで約1年かかりました。

当時の年齢は夫31歳、妻28歳でした。アラサーというやつですね。

今回はその1年間を振り返ってみたいと思います。

下ネタ的記事ではありませんのであしからず。

 

女は海〜

スポンサーリンク

妻が妊娠するまでの1年間の話

遡ること2013年4月。

そろそろ自分達の子供が欲しかった私達夫婦は妊活を始めることにしました。

それまではさる事情から子供が出来ないように制限をしていました。

 

しかしいざ妊活を始めてみたのですが実際に妊娠するまでに1年かかりました。

もしかしたら夫婦どちらかに問題があるのではないかとか、色々考えさせられる1年でした。

妊娠するために色々試してみました。

どれが良かったのかわかりませんが無事に2014年5月に妊娠が確認できたのです。

 

妻が妊娠するために試した5つのこと

1年間も妊娠しないとなると藁にもすがる思いでアレコレ試してみたくなるのが人のサガ。

どれが功を奏したかはわかりませんが、実際に私達が試したことを紹介いたします。

 

基礎体温を記録する

妊活をされている方には基本でしょうから細かい解説はいたしませんが、基礎体温を記録することで妊娠しやすい日を予測する方法です。

薬局などでちゃんとした基礎体温を計れる体温計を買ってきて記録していました。

スマホアプリなどで管理するとやりやすいですよね。

私達は妊活初期に試していました。

 

基礎体温を記録するのをやめる

逆転の発想です。

記録することでその日に行為をしなければいけないというのは男性側にとってプレッシャーにもなり得ます。

義務的になることでモチベーションを保てなくなるので、基礎体温を記録するのをやめました。

 

女性側も毎日記録を付けるのはめんどくさいかもしれません。

私達は基礎体温を記録することがいつしか重荷になっていました。

 

とは言っても大体の妊娠しやすい日の予測はしていました。

今はそういうスマホアプリもあるようですし。

妊活中期から後期は基礎体温を付けるのは止めていました。

 

楽しむ

そういう行為は義務的にならないように楽しむことが大事です。

楽しみ方は夫婦で相談してください。

こうしたい、あーしたい、オープンに行きましょう。

妊活中を通して楽しんで出来たと思います。

 

女性は葉酸、男性は亜鉛を摂取する

妊娠に必要な栄養素をサプリで摂っていました。

私は栄養士ではないので必要な栄養素は自分で調べてみてください。

私は自分で調べた結果、妻に葉酸、私は亜鉛のサプリを摂っていました。

こちらは妊活中期から後期に試していました。

 

子持ち桂の画像を携帯の待ち受けにする

最後は神頼みです。

子持ち桂という木の画像を待ち受けにすると良いというのを聞いて試してみました。

妻も私もこの木の待ち受けに変えました。

 

子持ち桂というのは愛知県の天然記念物だそうです。

一つの株から50数本に分かれることから子宝に恵まれるご利益があると噂されています。

画像は載せることが出来ませんのでGoogleなどで「子持ち桂 画像」などで検索してみてください。

すぐに出てきます。

 

私達はこの待受にしたのが2014年4月13日。記録が残ってました。

妊娠がわかったのが、同年5月。

待ち受けにしてすぐに妊娠したみたいです。

凄いぞ子持ち桂!

 

ススムのまとめ

何度も言うようにどれが正しかったのかはわかりませんが無事に1年で妊娠をしました。

通常は妊活2年ほどで妊娠の兆しがない場合は不妊外来などへ行くようですね。

私達ももう少しして出来なければ病院へ行こうと話していました。

 

私から言えることは義務的にならずに楽しみながら夫婦生活を送る事が1番だと思います。

妊活に悩む夫婦のみなさまの助けに、少しでもなれば幸いです。