2015/03/220 Shares

アルバイトや契約社員から正社員になる方法

正社員のオフィス

現在、アルバイトや契約社員から正社員になりたいと願う人は多いと思います。

僕もその一人でした。

現在はなんとか正社員として働くことができています。

今回はそんな僕の経験を元に、僕なりに正社員になれたお話をさせていただきます。

スポンサーリンク

ある男の経歴

現在僕は33歳なのですが、今までに正社員を4回経験しています。

中にはアルバイトで入ってそれから正社員に、というのもあります。

 

アルバイトから正社員になった男の話

その職場は求人誌にアルバイト募集していて、僕はそれを見て応募しました。

その業界に興味があったわけではなく単に時給が良かったから応募しました。

しかしどうせやるなら正社員になりたい思いがありました。

 

僕はアルバイトの面接時に正直に正社員になりたいことを伝えました。

その時面接を担当してくれたのは後に直属の上司になる人でした。

その人は1年ほど様子を見てその後、正社員への登用試験を受けさせてくれるということでした。

 

僕は1年間アルバイトとして一生懸命働きました。

アルバイトだから・・・ということは考えずに正社員の人と同じように働きました。

 

そして1年後に上司に言いました。

『自分は正社員を目指してこの会社にアルバイトとして入社しました。正社員になれないのであれば辞めさせてください。』と。

 

上司はすぐに正社員への登用試験を受けさせてくれました。

そしてその会社に正社員として働くことになったのです。

登用試験に落ちたら本当にアルバイトを辞めるつもりだったので、僕の意志が伝わったのだと思います。

 

後から知ったのですがその会社は普通はアルバイト→契約社員→正社員という順序をふむそうです。

アルバイト→正社員というのはあまり例がなかったようです。

 

つまり自分のがんばり次第でアルバイトや契約社員からでも正社員への道は開けるということです。

本当に正社員を目指すのであればそのくらいの意気込みで臨むべきです。

 

どうせ今の会社ではアルバイトから正社員にはなれないよ、と最初から諦めてはダメです。

やれることはやってみましょう。

正社員になりたいんだってことを伝えましょう。

 

まとめ

それでもダメなら辞めればいいんです。

僕の場合は数撃ちゃあたる戦法でした。

アルバイトで潜り込んで正社員へ、というのも1つの手ですよって話です。