2016/11/260 Shares

赤ちゃんの紙おむつ代の節約術、その5つの方法

ママさん!子育て頑張ってますか?

うちのママも日々子育てに奮闘中です。

育児って色々とお金がかかりますよね?

中でも紙おむつ!

赤ちゃんはメチャメチャおしっこやうんちの回数が多いです。

そんな中、少しでも紙おむつを節約する方法を探して考えてまとめてみました。

スポンサーリンク

赤ちゃんの紙おむつ代の節約術やその方法

うちの子も早いものでもうじき4ヶ月を迎えます。

おしめ交換の回数も減ってきたとはいえ、1日で12枚前後消費します。

生後1ヶ月、2ヶ月頃はもっと多くて、1日で20枚近く使っていました。

 

今後も回数は減ってくるのでしょうが、この紙おむつ代が結構バカになりません。

1ヶ月で6千円〜8千円くらいは紙おむつ代に消えています。

紙おむつ代を少しでも減らすために色々用意してみました。

 

1.少しでも安く買う

まずは購入費自体を抑えましょう。

紙おむつの値段はパッケージ単位ではなく一枚単位で計算する癖をつけましょう。

 

例)紙おむつ64枚入り1380円の場合

値段(税込価格)÷ 枚数 = 一枚あたりの紙おむつの値段

1380÷64=21.5625

紙おむつ一枚、約21.56円

 

小数点第二位くらいまではだしましょう。

 

近所に紙おむつ激安店などがあれば良いですが、僕は田舎住まいなのでそんなのありません。

そうなると安定して安く買えるのはネット通販になります。
今ネット通販の中で紙おむつがダントツで安いのはSEIYUドットコムです。

 

現在うちの子は4ヶ月で紙おむつはテープタイプのMサイズを使っています。

量販店の安売りでせいぜい64枚入り税込み1200円が限界です。

一枚あたり18.75円程度です。

 

SEIYUドットコムではMサイズテープタイプが128枚で2046円。

一枚あたりなんと15.98円!

驚きの安さです。

 

一枚あたり2.77円も違います。

1日12枚、30日使うとして、12×2.77×30=997.2

1か月で1000円近く変わってくるってことですね!

この差は大きいですよ!

 

パンパース 新生児用90枚×2個セット

 

パンパース Sサイズ82枚×2個セット

パンパース Mサイズ64枚×2個セット

 

もちろんコレ以上のサイズのモノのあります。

 

ただし注意点もあります。

  • 税込み1980円以上買わないと送料がかかります。

この問題は2個セットを買えば解決しちゃいますけどね。

 

次点でAmazonが安いです。

Amazonはモノによって値段がまちまちですが、安いもので240枚、4148円。

一枚あたり17.28円です。

量販店よりは安く買えると思います。

Amazonで買う時の節約術は、なるべく『定期おトク便で注文』することです。

定期おトク便とは、定期的に(1ヶ月から6ヶ月まで選べる)購入することを条件に商品を数%安く買えるサービス。

 

スクリーンショット 2015-05-08 23.28.53

定期おトク便で買える商品にはこのボタンがついてます。

おむつだけじゃなく色んな消耗品などにこのサービスが使える商品があります。

賢く利用してお得しちゃいましょう。

 

ちなみにいつでも定期便は停止できるので、1回きりの購入でも問題ありません。

スクリーンショット_2015-05-08_23_31_58

アカウントサービスの「Amazon定期おトク便情報」から

スクリーンショット 2015-05-08 23.32.25

「定期おトク便をキャンセルする」でキャンセルできます。

 

さらにAmazonファミリーを利用すると15%オフで買えるようです。

しかし、年会費が3900円必要です。

入会すると3900円分のクーポンはもらえますが、一枚あたり約16円。

まだ少しSEIYUの方が安いかもしれません。

何らかの理由でSEIYUが利用できない人、Amazon大好きっ子ちゃんなどはこちらがおすすめですね。

 

2.サンプルをもらう

微々たるものですが、ちりも積もればなんとやら、メーカーの公式ページからサンプルをもらえることがあります。

参考:赤ちゃん用紙おむつサンプルプレゼント|ネピア

参考:グ~ン 選べるサンプルプレゼント!|キャンペーン情報|エリエール

抽選が多いようなので当たればラッキーですね。

 

3.干して再利用する

確かに紙おむつの節約にはなりますが、衛生的にも赤ちゃんが可愛そうなのでやめてあげてください。

ちょびっとしか汚れてなければ乾かしてもう一回!って思いがちですよね。

でも敏感な赤ちゃんのデリケートな可愛い素敵な柔らかい肌が荒れる原因となっては元も子もありません。

お薬代・・・はかからないのか、病院に行くまでの交通費がかかって結局赤字になってしまうかもしれませんね!

 

4.びっちゃんびっちゃんになるまで使う

これも赤ちゃんが嫌がるのでやめましょう。

今のおむつは性能も結構良くなっていますが、やっぱり一度濡れたおむつの中は湿度が上がります。

そのために赤ちゃんがカブれたりアトピーの原因となっては可愛そうですよね。

紙おむつが濡れてるのを確認したらすぐに替えてあげましょう。

それが母の愛。

 

5.おじいちゃん、おばあちゃんにおねだりする

冗談のようで本当の話ですが、おじいちゃんおばあちゃんに紙おむつを買ってもらう人は以外と多いようです。

孫のためになにかしてあげたくなるのがジジ心、ババ心だそうです。

ちなみに僕は独身の弟がいるのですが、可愛い甥っ子のために紙おむつを買ってくれました^^v

 

まとめ

1の節約術しかあまり使えそうにないですね。申し訳ない。

ただこの記事で言いたかったのは、SEIYUスゲー!!ってことです。

そして弟よ、ありがとうー!!

おしまい!