0 Shares

ネタがなくてもブログは毎日更新しなくてはならない?そう考えていた時期が僕にもありました。

人気ブログを作ったり有名ブロガーになりたかったら、まずはブログを毎日更新しよう!最低一日一記事!

ラーメン屋の一日一麺!みたいな感じで今や当たり前のブログ論になっているこの言葉ですが、これって僕にとってはかなり大変なことだったりします。

僕はサラリーマンブロガーなのでブログに費やせる時間は限られています。仕事が終わってブログのネタを探してテーマを決めてパソコンを立ち上げて記事を書いて・・・、正直しんどい。

昔の僕は毎日更新にこだわっていましたが、最近そんなにこだわる必要もないんだなって思えるようになってきたので書きます。

書きたくなったので書きます。この気持が大事なのです。

 

スポンサーリンク

ブログを毎日更新するメリットとデメリット

毎日更新したほうが良いのかな?

色々あるとは思いますが、簡単に言うと毎日更新するメリットはブログに記事が増えて厚みが出てくる、Googleの評価が上がりブログへの入り口が増えてくるってことですね。

ただしこれは毎日良質なコンテンツってやつを作ることが出来た場合の話です。

僕も以前ブログ開始後、100記事に達するまで毎日更新を目標に掲げていました。

結果は70記事目ほどで挫折しました。楽しくブログを書くどころかブログに追われる生活になってしまっていました。

ブログを毎日更新するために低品質な記事を連発していました。だれも読まない日記とかね。

つまりこれがデメリットですね。低品質なコンテンツの連発はSEOとしてもマイナスでしょう。

ブログに追われることでヘタするとブログが嫌いになっちゃうかもです。実際僕はしばらくブログから離れていた時期がありました。

 

ブログは毎日更新しなくちゃならない?そんなことないよ

ブロガーなら毎日更新当たり前、ネタがなくても踏ん張りだして記事を書く!そんな風に考えていた時期が僕にもありました。

以前エローラさんに寄稿していただいた記事でも触れられていました。

参考:ブログを楽しみながら続けるにはどうしたらよいのか4000文字で語ります By Ellora | ススムログ

 

ブログのアクセス数を増やす方法を検索したら、「とりあえず毎日更新しておけば大丈夫!」というのも出てきますね。

これも小手先のテクニックと言えるでしょう。

たまに毎日更新を宣言しているブログを見かけますが、あれは読者さんにとってどうでも良いことです。昨日は更新できずすみませんでした、というのもどうでも良いことです。

毎日更新しなくてもアクセス数は増えるので、安心してください。

 

そうです、毎日更新できたとか、できなかったとか、読者さんから見たら本当どうでもいいことですね。

読者さんは自分にとって有益な情報や面白いことを求めて僕たちのブログにわざわざご足労いただいているのです。

その記事が毎日更新の末に生み出されたか、何日もかけてじっくりコトコト煮込んで作られたかなんて関係ないのです。

そんなのかんけーねー

 

ではGoogleさんから見た場合はどうでしょう。これは僕の経験上、問題ありません。

僕は一時期ブログが嫌になって更新自体を止めていた空白の6ヶ月間がありました。

この間もアクセス数や検索順位は概ね落ちることもありませんでした。

アクセス数に関しては半年間微増するという謎現象が起こりました。

きっちりと仕上げていた記事たちが稼いでくれていたんですね、アクセス数。

 

この空白の半年間、適当に書いた記事にはほとんどアクセスがありませんでした。

日記やら文字数の少ない記事たちですね。この記事たちがブログ全体にどう悪影響を及ぼすかまでは僕にはわかりませんが、世の中に必要とされてないことはわかりました。

毎日更新のためにない知恵振り絞って必死に書いた内容のない記事たちはまったく必要なかったのです。

つまりネタがないからと言って適当に嫌々日記やら書いてまで毎日更新する必要はまったくないです。

それよりは腰を据えてじっくり時間をかけてでも良質な記事を書き上げるほうが、はるかに有益です。

まぁ今の僕にそれが出来ているかと言えば疑問ですが^^:

 

でも少なくともそう思えるようになったおかげでブログをまた始めようかなって気になったのは事実です。

毎日更新に追われていたころに比べるとずいぶんブログを楽しめています。

楽しくブログ続けることで自然とアクセスも増えていくでしょうし好循環が生まれます。

 

 

まとめ

書きたい時に書きたいことを楽しく書くほうが心もブログも健康的です!

毎日更新にこだわってしょぼい記事を生み出さないように気をつけましょう。

僕はそれに気づかずに最初のころは低品質な記事を量産してしまってました。

過去記事を読み返して、誰の役にも立ってないモノは手直しや修正したほうが良いかもしれませんね。

おしまい!