0 Shares

この夏に聴きたい!BUMP OF CHICKEN大好きっ子が推す特選11曲+1!

おっとっとっと!な・つ・だ・ぜ!

ということでめっきり暑くなってきましたね!

突然ですが、私はBUMP OF CHICKENが大好きなのです。

ドライブや家での音楽鑑賞は8割がバンプです。

というわけで今回は夏にピッタリのBUMP OF CHICKENの曲を紹介したいと思います。

 

ダンデライオン

スポンサーリンク

夏に聴きたい!BUMP OF CHICKENの特選11曲+1

今回選ぶ楽曲は現在なるべく手に入りやすい曲にしました。

ということで2014年8月現在発売されている7枚のアルバムからの選曲です。

  1. FLAME VEIN
  2. THE LIVING DEAD
  3. jupiter
  4. ユグドラシル
  5. orbital period
  6. COSMONAUT
  7. RAY

からの選曲です、ご了承ください。

 

それではさっそく参りましょう!

 

1,ノーヒットノーラン

この歌はスラッガーの歌なのです。

夏といえば甲子園、野球の季節ですよね。

余談ですがこの時期になると無性にパワプロがやりたくなります。

野球を題材にして成長していく主人公を描いた歌、だと私は解釈しています。

FLAME VEINに収録。

 

2,グングニル

北欧神話の神オーディンが持つ槍の名前ですね。

大海原に宝を探しに行く主人公。

主人公の成功を願わない人々ですが、最後には主人公の無事を祈る物語。

アップテンポで聴きやすい、ノリのいい曲ですね。

THE LIVING DEADに収録。

 

3,GloriousRevolution

グローリアス!レヴォリューション〜!お〜いぇ〜ぇぇい。

ノリノリのナンバー。

自分の殻を破ろうぜって言ってる本人が殻に篭ってたってオチが好き。

THE LIVING DEADに収録。

 

4,天体観測

来ました天体観測。

夏のバンプと言えば天体観測は外せないですよね。

有名すぎて解説不要でしょう。

BUMP OF CHICKENを世に知らしめた名曲です。

見えないものを見ようとして〜、ふんふふふふふふふんふんふ〜ん。

jupiterに収録。

 

5,ハルジオン

個人的に大好きな一曲。

4枚目のシングルということもあり、聴きやすいアップテンポの曲です。

最後のサビに向かう部分が大好きです。

心強くなれる曲。

jupiterに収録。

 

6,ダンデライオン

これも有名な曲だと思います。

ダンデライオンとは日本語でタンポポって意味ですね。

嫌われ者のライオンと優しいタンポポの話。

ストーリーが素晴らしい、絵本に出来るんじゃないかな。

夏とか関係なく聴いてもらいたい一曲です。

jupiterに収録。

 

7,Sailing day

爽快な一曲です。

サビ部分の透明感が素晴らしいです。

今回紹介する中で1番夏っぽいのではないでしょか。

歌詞もいいですが、曲のノリが最高です。

余談ですが、映画ワンピースの主題歌にもなりましたね。

ユグドラシルに収録。

 

8,車輪の唄

夏の終わりを感じさせる歌詞が特徴の切ない一曲。

アップテンポなのですが、歌詞が別れの歌になっていて悲しさを感じます。

イメージとしては映画、耳を澄ませばの二人みたいですね。

ユグドラシルに収録。後にシングルカットされた名曲。

 

9,カルマ

爽快なサビが特徴の一曲。

PS2のゲーム「テイルズ・オブ・ジ・アビス」の主題歌として知っている人も多いのでは。

orbital periodに収録。

 

10, 宇宙飛行士への手紙

バンプらしい一曲。

夏らしくしっとりとしていてサビが爽やかな曲。

COSMONAUTに収録。

 

11, ray

先日のミュージックステーションでも歌った一曲。

個人的に最近のバンプの曲では一番好きな曲。

前向きな歌詞とサビがとても良いです。

何はともあれとりあえず聴いてください。

RAYに収録。

 

おまけ、O・TO・GA・ME は〜と

ユグドラシルの隠しトラック。

夏の刺激に我慢出来ない若者の歌。

90年代を彷彿させる懐かしいメロディーにおバカな歌詞がマッチした名曲。

とにかくキスをさせてくれって言う歌。

 

 

ススムのまとめ


 

個人的に好きな曲のまとめになってしまいました。

まとめてみるとシングルが多いですね。反省。

どの曲も好きなので選ぶというのは難しいですね。

この機会にバンプの曲に触れてくれる人が少しでも増えてくれると嬉しいです。