0 Shares

エスクァイアのエアコンにドリンクホルダーを取り付けることをおすすめします

最近、トヨタのエスクァイアを納車してドライブを楽しんでいます。かねがね満足して乗っていますが、ひとつ難点が。

運転席左下あたりにある純正のドリンクホルダーが使いにくい、とても使いにくいのです。

運転中に見えない位置にあるため、夜は完全に見えません。運転中にドリンクを取って飲んで置こうとしたらハンドル操作がおろそかになりそうで、怖いです。

下の方にあるので目視しずらい

というわけで、運転席右側エアコン、運転中にも見える位置にドリンクホルダーを取り付けることにしました。

 

スポンサーリンク

エスクァイアにおすすめのドリンクホルダーはカーメイトのクワトロ

結論から、僕のエスクァイアに最適だと思ったドリンクホルダーは、カーメイトのクワトロという商品です。

僕が選んだのはブラックメッキのカーボン調のものでしたが、レザー調や木目調、色も数種類ありお手持ちの車に合うデザインのものが見つかるはずです。

 

ドリンクホルダーを選ぶために考慮した点

エスクァイアのドリンクホルダーを選ぶのにいくつか条件がありました。

  • エスクァイアの運転席右側エアコンにきちんと取り付くのか?
  • 運転中カタカタうるさくないか?
  • 車の内装との違和感はないか?
  • コンビニのコーヒーは置けるか?
  • 予算は1,000円以内

 

エスクァイアの運転席右側エアコンに取り付くのか?

当然ですが、エスクァイアに取り付けができなければ困りますよね。

クワトロはエスクァイアに問題なく取り付け出来ました。

ドリンクホルダー

 

運転中、揺れてカタカタ音がしないか?

安物のドリンクホルダーだと車の揺れやエンジンの振動でカタカタ音が鳴るかもしれません。

エスクァイアの性能か、クワトロの出来が良いのか、カタカタなることはありませんでした。

 

内装とドリンクホルダーのデザインの違和感はないか?

ブラックメッキのカーボン調がエスクァイアの内装にベストマッチしています。

まるで純正のようなハマり具合です。ひとつ言えばQUATTROのロゴがいらないかな?それは贅沢ってもんですよね。

 

コンビニのコーヒーは置けるか?

コンビニのコーヒーって言うと、僕にとってはドライブのお供なんです。これがないとドライブできないんです。ってほど愛してやまないコンビニのコーヒー。

なんとばっちり置けちゃいます。

コンビニのコーヒーもばっちり置ける

 

お値段1,000円以内

これで1,000円しませんでした。コスパ最高!

 

カーメイトのドリンクホルダー、クワトロの良い点

良い点は、先に書いたように、僕の求める条件をほぼ満たしてくれてる点です。

ドリンクホルダー自体の質感、走行中の安定感、値段におけるお得感、すべて◎です。

 

カーメイトのドリンクホルダー、クワトロの悪い点

悪い点というか、少し残念な点もありました。

 

ドリンクを奥へ取ろうとするとドリンクホルダーが外れる

ドリンクを持って奥へ奥へ押し込むように取るとドリンクホルダーがエアコン口から外れちゃいます。最初に運転中に外れたのでパニックになってちょっと危なかったです。

ドリンクを奥へ押し込むように取るとドリンクホルダーが外れる

ただし、これは手前に引くようにドリンクを取ればスムーズにいけます。

ドリンクを手前に引くように取ればOK

 

エアコン吹き出し口に取り付けるのでエアコン調整レバーが動かしにくくなる

これはエアコンに取り付けるドリンクホルダーの宿命かもしれません。

ただ、運転席右側のエアコンはそれほど頻繁に動かすこともないし、ドリンクホルダーごとスライドさせれば調整レバーも動きますので、さほど問題にはなりません。

 

QUATTROのロゴ

まぁロゴはしょうがないです。すぐに気にならなくなります。

 

ライバル品として最後まで候補に残ったのは槌屋ヤックのドリンクホルダー

クワトロとコレと最後までどちらにするか悩みました。ノア・ヴォクシー専用となってますが、もちろんエスクァイアにも取り付け出来ます。なんといっても専用設計なので内装との一体感があります。

しかし僕はとりあえず助手席側にはいらなかったので、クワトロを選びました。半額で運転席側だけ売ってればこちらを買ったと思います。

助手席側にいらない理由は、妻と子どもは2列目に乗るのと、助手席ならば最初から備え付けのドリンクホルダーで問題ないからです。

 

まとめ

さんざん迷ったあげくクワトロにしましたが、とても満足しています。今では純正のドリンク置きはじゃがりこ置きになっています。

左手にじゃがりこ、右手にコンビニコーヒーで快適なドライブの旅をお楽しみください。

おしまい!