0 Shares

自作のLINEスタンプを登録販売したら著作権は誰のモノか

今回はタイトル通りのお話。

いや、いつもタイトル通りの話なんですが。

話を本題に戻しまして、LINEスタンプの著作権ってどうなるんでしょう?

私は今、一生懸命スタンプ作りに励んでいるところです。

作ってる最中にふと思ったので調べてみました。

 

頑張って作ってるぞ

自作LINEスタンプの著作権は誰のモノ?

答えから言うと著作権は作成者にあるようです。

参考にさせていただいたのはこちらのサイト

参考:LINE Creators Market の利用規約を読んでみた… | 神田国際特許商標事務所

 

記事は2014年5月13日のなのでその時点での情報ということになります。

 

簡単にまとめると

  • 著作権はスタンプを作った人にある
  • LINE側に作者名を表示する義務はない
  • LINE側がスタンプを改変しても文句は言えない
  • スタンプを商標登録したりブログで使うのは問題ない

ということみたいですね。

 

ただしLINE側は規約を自由に変更することが出来ますので、今後どうなるかはわかりません。

2014年7月現在ではスタンプのために自分が作ったキャラクターは他の商品にしたり自由に扱うことができるようです。

ということでバンバンキャラクターを作ってスタンプにしちゃいましょう。

 

ちなみに公式サイトにクリエーター登録してログインしたらQ&Aが見れます。

(TOPのQ&Aではなくて、ログイン後のQ&Aです。2種類あります。)

そこに著作権関係のことも書いてあります。

気になる方は登録してみてはいかがでしょうか。

参考:LINE Creators Market

 

 

ススムのまとめ

著作権はスタンプの作者にあります。

スタンプで人気が出たらTシャツやマグカップなど他の商品で展開したり出来そうですね。

夢が広がりんぐっす!頑張って作るぞ〜!