2015/08/221 Shares

ペンタブで自作するLINEスタンプの作り方講座

皆さんこんばんワン!ススムです。

私は最近ペンタブを購入してLINEスタンプ作りに励んでいます。

まったくの素人なので下手くそなのですが、そんな私が上達するためにやっていることなど紹介しようと思います。

それではよろしくお願いいたします。

 

変えたい

LINEスタンプの作り方

まずPCで絵を書くには大きく2つの方法があります。

  1. 紙に絵を描いてスキャンしてPC絵に仕上げる
  2. ペンタブを使って直接PCに絵を描く

私は紙に書いたところで下手くそなので、「2」の方法で作ります。

 

ある程度、紙に上手な絵が書ける人は「1」の方法が良いかもしれません。

今回は「2」の方法での作り方です。

 

必要なもの

「2」の方法で必要なものです。

  1. パソコン
  2. ペンタブ
  3. お絵かきソフト

これだけあればとりあえずLINEスタンプは作れます。

PING形式の絵が描ければOKです。

 

1,パソコン

私はmacを使っています。

もちろんwindowsパソコンでもOKです。

 

2,ペンタブレット

私が愛用しているペンタブレットはwacomのIntuos Penです。

上記の商品にPhotoshopElements11というソフトがセットになったものもあります。

 

私はPhotoshopが付いていないのを購入しました。

Intuospenとフリーソフトで描いてます。

 

IntuosのペンタブのサイズにはSサイズとMサイズがあります。

LINEスタンプを描くだけならSサイズで十分です。

ディスプレイは24インチですが特にSサイズで問題ありません。

参考:LINEスタンプを自作するのに使えるペンタブ、wacom intuos pen のレビュー

 

3,お絵かきソフト

今回はフリーソフトの『fireAlpaca(ファイヤーアルパカ)』を使用します。

無料ソフトですが基本的な機能は一通り揃っています。

LINEスタンプを描くだけならこれで十分です。

 

参考:フリー ペイントツール (Mac/Win 両対応) FireAlpaca [ ファイア アルパカ ] Free Painting Software FireAlpaca

そしてなんといってもmacでも使えちゃいます。

これがでかい。

 

この3種の神器で描いた絵がこちら!

 

練習だぶー

クオリティーは決して高くないですが、初心者でもこのくらいの絵が描けちゃいます。

ファイヤーアルパカの簡単な使い方は以前の記事にあります。

参考:macでLINEスタンプを作成する方法

 

サイズとか保存形式の話とかも書いてあります。

 

ペンタブで絵を描くコツ

とにかく描くことです。

描いて描いて、また描いて〜。

描いているうちに少しずつですが上達してきます。

01

最初に描いたのはこんなんでした。

たくさん描いて練習しましょう。

 

あえてコツを言うなら、ペンタブは少し立てて描くと描きやすいです。

 

LINEスタンプの作り方のコツ

どんなLINEスタンプを作りたいかによりますが、人気のスタンプや自分の好きなスタンプを参考にさせていただきましょう。

最初は練習で真似して描いてみるのも良いと思います。

もちろんそのまま販売したらダメですよ。

 

影をつけてみよう

スタンプに影をつけるとまた違う絵に見えてきます。

試しに先ほどのブタちゃんに影を付けてみましょう。

参考:イラストの影を塗るときのコツ | デジタルイラスト・初心者から上級者への近道!

 

練習だぶー2

下手くそなのはご愛嬌。

ちょっと立体感が出ますよね。

スタンプの種類によっては影を付けると味がでますよ。

 

通信講座もあるよ

本格的にLINEスタンプを作るなら通信講座で学ぶという手もあります。

資料は無料で請求できるので、試しに取り寄せてみてはいかがかな。
ラインクリエイターズスタンプ講座

ススムのまとめ

今回言いたかったことは、

  • ペンタブはSサイズでOK
  • ソフトはフリーソフトでOK
  • 最初は模写から始めよう
  • 慣れてきたら影をつける練習をしよう

初心者がLINEスタンプを作るに限った話ですからね。

たくさん描いていく内に上手になっていきたいです!

みなさんもドンドン描いていっぱい登録しましょう〜!