2016/04/140 Shares

パワプロ2016はパッケージ版とダウンロード版どちらを買うべきか?

2016年4月28日。それは実況パワフルプロ野球2016の発売日です。

今回のパワプロは初のPS4、そしてPS3とPSVitaの3機種からリリースされます。

それぞれの機種でパッケージ版とダウンロード版が用意されていますが、どちらを買うのが良いのか?メリット&デメリットをあげて考えてみました。

 

スポンサーリンク

実況パワフルプロ野球2016はパッケージ版とダウンロード版どっちを買うのが良いのか?

野球道具

その前にまず、PS4、PS3、PSvitaどの機種を買うべきかという問題ですが、僕の答えは「PS4版」です。

参考パワプロ2016はPS4・PS3・PSVitaどれを買うのが良いか? – ススムログ

理由は「高性能」&「操作性」で快適にプレイできると考えたからです。

購入する機種がPS4に決まったところで新たな問題が発生しました。パッケージ版とダウンロード版、どちらを買うべきか?です。

様々な観点からメリットとデメリットを考えてみた結果、今回はダウンロード版を購入することに決めました。

 

パワプロ2016のパッケージ版とダウンロード版のメリット・デメリット

僕が今回どちらを買うべきかとても悩んだのは、どちらともそれぞれのメリット・デメリットがあるからです。

PS4のパッケージ版はディスクを一度本体へインストールしてから遊びます。ゲームの起動時にディスクが必要なので、ゲーム毎にディスクの入れ替えが必要となります。PS3もPSVitaもほぼこの仕様と同じです。

一方ダウンロード版は、ネット上からデータをダウンロードしてそのまま本体へインストールします。ディスクが存在しないのでゲーム毎にディスクを入れ替える必要がありません。

 

パッケージ版のメリット

  • ダウンロード版と比べて価格が安い
  • ディスクとケースが手に入るので買った感が大きい
  • 飽きたら中古ショップへ売れる
  • 友だちと貸し借りできる

 

価格の問題

まず価格、コスパの面ではパッケージ版に軍配が上がります。PSStoreで買う場合、PS4版で価格はどちらも税込み¥8618です。

しかしパッケージ版はAmazonなどの小売から買う場合、値引きされた価格になりますよね。

Amazon特典なしの場合で¥7045です。ダウンロード版との差額は¥1573です。結構でかいですね。

Amazon特典は「サクセスモード用アイテム・天才の入部届」です。文字通りサクセスモードで天才(初期能力が高い)で始められる特典ですね。

Amazon特典有りはダウンロード版と同じ価格の¥8618。これに¥1500の価値があるかどうかは皆さんで判断してみてください。僕は必要ないかなと思ってます。

つまり1円でも安く!って人はパッケージ版をおすすめします。

 

モノとして手に入るという感覚

僕はファミコン世代ど真ん中のおっさんです。ファミコンカセットをフーフーして、友だちとカセットの貸し借りをして、たまに借りパクされて、という少年期を送ってきました。

そんな僕には実はダウンロード版ってまだ抵抗があるんですよね。実物として手に入らないという感覚というのでしょうか。

飽きたら売れるし、貸せるし、あげたりできます。これもメリットのひとつですよね。

 

パッケージ版のデメリット

  • PS4・PS3版の場合のディスク読み込み音
  • ディスク入れ替えの手間
  • ディスクのキズや劣化
  • 場所をとる

 

ディスクの読み込み音

PS4は新型になってだいぶ騒音問題はクリアされているようですが、ディスクの回転音や読み込み音が気になる人もいるようです。

 

ディスクの入れ替えが面倒

別のゲームで遊ぶ時にディスクを入れ替えなければなりません。

 

ディスクのキズや劣化

傷つくことを恐れては何もできませんが、形あるものはいつか壊れます。ダウンロード版はデータが壊れてもまたインストールしなおせます。

 

場所をとる

単純に収納場所を圧迫していきます。積みゲーという言葉があるように部屋が散らかる原因となり得ます。

 

ダウンロード版のメリット

  • 起動からゲームまでがスムーズ
  • 発売日の午前0時から遊べる
  • 音が静か

 

起動からゲームするまでがスムーズ

PS4やPSVitaならスタンバイモードにしておけば起動からゲームまでがスムーズです。

特に栄冠ナインやマイライフは空いた時間にチョコチョコ遊びたいので、これは嬉しい機能です。

パッケージ版だと、別のゲームをした後、ちょっと栄冠ナインしたいなぁと思ったら、まずディスクの入れ替えから始めなければなりません。

ダウンロード版ならスマホからアプリを起動するような感覚で手軽にプレイできちゃいます。

 

発売日の午前0時から遊べる

PSStoreで予約購入をしておけば、事前にダウンロードしておいて4月28日の午前0時からパワプロ2016が遊べちゃいます。

感覚的に27日の夜には遊べちゃうってことですね。これは地味に嬉しい。ただし28日の仕事は寝不足でつらくなっちゃうはず!

 

読み込み音が静か

パッケージ版だと、ディスク回転→うるさい→本体温度が上がる→冷却ファンが動く→うるさい。のコンボも有り得るようです。

ダウンロード版はそもそもディスク音がならないのでパッケージ版より静かだと予想されます。音が気になる人は要注意です。

 

ダウンロード版のデメリット

  • パッケージ版より価格が高い
  • 飽きても売れない
  • 人に貸せない

パッケージ版のメリットの逆ですね。

 

メリット・デメリットを踏まえてダウンロード版に決めた理由

パッケージ版とダウンロード版で迷った時はコレを考えてみてください。

パッケージ版→コストパフォーマンスで選ぶ。

ダウンロード版→ゲームの快適さで選ぶ。

僕は今回のパワプロ2016は「パワフェス」「ペナント」「マイライフ」「栄冠ナイン」「サクセス」とかなり長く楽しめると思ってます。

長く遊ぶゲームを少しでも快適に遊ぶために差額の¥1500くらいは先行投資だと思います。パッケージ版に決めていた人もちょっと考えてみてください!
実況パワフルプロ野球2016・ダウンロード版ーPSStore
おしまい!