0 Shares

WordPress・Stinger3の見た目をカスタマイズする前に小テーマを作ろう

WordPressでブログを書いているみなさん、テーマは何を使っていますか?

もちろんデフォルトのままの人もいるでしょう。

無料で使える良テーマ、Stinger3を使っている人もいるでしょう。

上級者になると自作テーマの人もいるかもしれません。

今回はWordPressでブログのデザインをカスタマイズする前に絶対やっておきたいこと、小テーマを作るお話です。

 

スポンサーリンク

WordPressでブログデザインをカスタマイズするということ

ブログの執筆に慣れてくるとやってみたくなるのが、ブログデザインのカスタマイズですよね。

見出しを変えてみたり、フォントを変えてみたり、自分好みのブログデザインにこだわるのは楽しいものです。

しかしここで注意したいことがあります。

 

多くのWordPressブロガーは外観テーマを他人が作ったものを使用していると思います。

私の使用しているテーマ、Stinger3もenji様が無料で配布しているテーマです。

参考:WordPressテーマのSTINGER3公式サイト

 

WordPressはブログデザインも細かくいじることができ、自分好みのデザインにすることが出来ます。

この時CSSなどを使ってスタイルシートに書き込んだりするのですが、直接配布されているテーマをいじると、テーマがバージョンアップされた時にせっかくカスタマイズしたデザインもリセットされてしまいます。

 

WordPressテーマの小テーマを作ろう

ではどうすれば良いのか?

答えは簡単です。

テーマのコピーを作って、そのコピーをカスタマイズしてしまうのです。

 

この時の元になるテーマを「親テーマ」、コピーしたテーマを「小テーマ」を呼びます。

小テーマにカスタマイズを施すことで、親テーマがバージョンアップされても小テーマのカスタマイズはそのまま残ります。

これで思う存分WordPressデザインをカスタマイズすることが出来るのです。

 

小テーマを作っておかないと親テーマをバージョンアップする度にデザインもリセットされるため、カスタマイズする意味がなくなります。

CSSなどを使ってブログをカスタマイズするならば、小テーマを作ることは必須と言っても過言ではないのです。

 

親テーマと小テーマ

 

ススムのまとめ

僕も小テーマの存在など知らなかったので、すでに親テーマに直接カスタマイズを施してしまっています。

これから小テーマを作ってブログデザインも少しづつ変えて行きたいと思います。