検索上位を意識したブログの文字数は何文字?自然に長い文章を書く方法を解説

ブログに必要な文字数 ブログ運営
ブログ初心者
ブログ初心者

ブログを書いてgoogle検索で上位に入りたい!

けど1つの記事に何文字くらい書けば良いのかわかりません!?

せっかくブログを書くんだから検索上位を狙いたい、というのは当然の心理です。

たくさん文字数を書けば上位表示されるという話をどこかで聞いたことがあるかもしれません。

実際には文字数以外にもGoogleの検索順位は様々な要素で決まっています。

それではSEOを意識した場合、ブログは何文字書けば良いのでしょう?

ブログに最適な文字数なんてない!?

結論から言うと、ブログに最適な文字数というのは存在しません。あえて何文字、という言い方をすれば、1文字から∞文字です。

ブログは書く内容によって最適な文字数が変わります。

簡単な内容ならば短い文字数で済みますし、専門的な内容なら1万文字、2万文字必要です。

例えば、あなたが使っているスマートフォンの電源の切り方を検索したとしましょう。

答えは「電源長押し→電源を切る」ですよね。この内容でブログを書けばせいぜい1,000文字程度あれば書けます。

その検索上位に1万文字も使ったメーカーの解説から機種の解説、電源の入れ方やアップデート方法、おすすめのアプリまで紹介されていたらどうでしょう。おまけに知りたい電源の切り方は記事の1番最後にあります。

そこまでの情報は必要ないですよね?

ブログは文字数ではなく記事内容によって検索順位が決まってくるのです。

Google検索で上位に入るには?

たくさん文字数を使ってブログを書けば検索上位に入れるほど簡単ではありません。ではどうすれば、Google検索で上位表示できるのでしょうか?

Googleは検索上位を決めるのに独自のアルゴリズムを使用しています。そしてその仕組みは完全には公表されていません。

とは言え、多少のヒント、目安くらいはあります。

読者目線が必要

Googleは公式のガイドラインでSEOについて語っています。その中で良く言われているのが「読者目線」にたつということです。

検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド

当然ですが、Google検索はユーザーのためにあります。ブロガーのために存在するわけではありません。

Googleが一番に考えているのはユーザーのためです。ユーザーというのは検索する人ですね。

何かを知りたくて検索した人に、満足のいく検索結果を表示するのがGoogle検索の使命なのです。

ブログやサイト運営者は、検索意図を満たす読者の満足する記事を書く。これこそが上位表示の最大のポイントでしょう。

検索者のニーズを満たしている

検索者のニーズを満たすとはどういうことでしょう?それは検索者がどういう意図をもってそのキーワードを検索しているか読み取る必要があります。

「スマホ」+「電源の切り方」で検索する人はどういう意図がありますか?

スマホの電源の切り方がわからなくて検索しています。正解は「本体横の電源ボタン長押ししてください。」です。

そんな人に、「スマホをハンマーで叩き割れば電源が切れます」的な記事を書いたらどうでしょう?

これは極端な例ですが、質問と答えがちぐはぐです。これでは上位表示されません。

検索する人が何を求めているのか、その答えを正しく返せているか、というのがポイントです。

情報を網羅する

検索キーワードに対して情報を網羅しているか?という点も重要です。

先ほどの 「スマホ」+「電源の切り方」 と検索する人の中には、もしかしたらスマホが動かなくなって電源を切れなくなっている人もいるかもしれません。

そういう人に向けて、

  • 「通常の電源の切り方」
  • 「強制終了する方法」
  • 「電池パック外す」
  • 「電池切れを待つ」
  • 「それでもダメなら携帯電話ショップへ持ち込む」

など、想定できる対応策を網羅していきます。

専門性を高める

専門分野は素人より専門家が書いた方が評価が高くなる傾向があります。

例えば税金のことを解説するのに学生より税理士の人が書いた方が説得力がありますよね?

どんな分野にも専門家はいます。Googleが専門家をどうやって判断しているのかは明らかになっていませんが、SNSやブログで発信し続けるのは1つの手段です。

専門家でなくても、その記事に対して、より詳しくより深く書くことを意識すれば専門性も高まります。

文字数が多いサイトが検索上位に入っている理由

自分でブログに書こうとしたテーマ、キーワードで実際に検索してみるとわかりますが、文字数が多いサイトがGoogle検索上位にいる確率が高いです。5千~1万文字のものが多いはず。

  • 読者を満足させる
  • 検索する人をイメージする
  • 情報を網羅する
  • 専門性を高める

こういった点を意識して記事を書いていくと自然と文字数が増えていくからです。

順番が逆で、テーマを決めて1万文字で書くぞ!ではなく、テーマに沿って書いたら1万文字になっていた。読者を満足させるために一生懸命に書いた結果、5千~1万文字必要だった、ということです。

つまりブログに必要な文字数とは、検索キーワードに対して読者を満足させるのに必要な記事を書くための文字数。ということになります。

少ない文字数で検索上位に入っていた実例

文字数自体が検索順位に影響しない例として、僕の実例をあげます。

以前、「エクスペリア(機種名)」+「スクリーンショット」で検索1位を取っていたことがあります。

その記事は、エクスペリアの特定機種でのスクリーンショットの撮り方の写真と解説で、500文字程度でした。

その機種が現役なうちは検索流入も1日100PVほどありました。

スクリーンショットの撮り方の答えは2,3つしかないですからね。

ニッチな例ですが、読者にとって最適解ならば少ない文字数で検索1位を取ることも可能なのです。

自然に文字数が多くなるブログの書き方

読者のことを考えて記事を書くと必然的に文字数が増えます。その結果文字数が多い記事が検索上位を占めてきます。

しかし不自然に無関係な話を盛り込んで、無理やり文字数を増やしても検索結果に良い影響は与えません。

では自然に文字数が多くなり、検索結果に良い影響を与えるブログの書き方とは、どのようなものでしょうか?

何を書くのかテーマを決める

まずは何を書くのかテーマを決めましょう。

例)スマートフォンの電源の切り方

テーマを決めたら検索キーワードを決めます。

  • スマートフォン
  • 電源
  • 切り方

キーワードの探し方

キーワードの探し方として以下の方法があります。

  • Googleサジェスト
  • キーワードリサーチ用のツール

Googleサジェストの使い方

Googleサジェストの使い方は簡単です。みなさんも自然に使ったことがあるはず。

Googleの検索バーにキーワードを入れるだけ。スペースで区切って2番目のキーワードを入れるとさらに候補が上がってきます。

ここから検索する人の悩みが読み取れますね。

「スマートフォン」+「電源の切り方」より、「スマートフォン」+「電源が切れない」と検索している人の方が多いようです。

キーワードリサーチ用ツール・ラッコキーワードの使い方

ラッコキーワード

キーワードリサーチ用のツールとして、「ラッコキーワード」があります。

使い方は簡単。Google検索と同じように検索バーでキーワードを入れるだけです。

試しに、「スマートフォン」+「電源」で検索してみます。

すると「スマートフォン」+「電源が切れない」や「電源の切り方」が候補にあるのがわかりますね。

Googleサジェストより多くのキーワード候補が探せますのでおすすめです。

ラッコキーワード

だれに向けて書くのか具体的にイメージする

キーワードを探しながらだれに向けて書くのかを具体的にイメージします。

「スマートフォン」+「電源の切り方」の場合

「スマートフォン」+「電源の切り方」で検索する人は、単純にスマートフォンの電源の切り方がわからなくて困っていることが想定されます。

それはどんな人でしょう?

ここでは「初めてスマートフォンを買った人」を想定してみます。それは学生か、お年寄りかもしれません。どちらにしろスマホ初心者ということが予想されます。

初心者に向けて、図解や写真、専門用語の解説、なるべくわかりやすく記事を書くことが求められそうです。

「スマートフォン」+「電源が切れない」の場合

スマートフォンの電源が切れないと検索する人は、何らかのトラブルでスマホの電源が切れなくて困っていることが想定されます。

また「電源の切り方」のターゲットである、スマホ初心者も候補に入っています。

  • 「通常の電源の切り方」
  • 「強制終了する方法」
  • 「電池パック外す」
  • 「電池切れを待つ」
  • 「それでもダメなら携帯電話ショップへ持ち込む」

ターゲットが広いのであらゆる可能性を考慮して、情報を網羅する必要がありそうですね。

コピーではなくオリジナルな文章

だれに向けて何を書くのか決まったら、実際に記事を書いていきます。

この時注意するのはオリジナルの文章を書くということ。どこかのブログからコピーしてきた文章ではダメです。

Google検索に評価されないだけでなく、最悪の場合ペナルティを受けてブログ全体の評価の低下に響きます。

オリジナルな文章を書くのに一番良い方法は、「自分の体験談」を書くことです。

スマートフォンの電源の切り方の記事だと、自分が実際に電源が切れなくて困ったエピソードを盛り込むなどですね。

読者目線になって読みやすい構成にする

記事が書けたら読者の目線になって全体を読んでみましょう。

  • 誤字脱字はないか
  • 適切な見出しが入っているか
  • 専門用語に解説が入っているか
  • 図解や写真でわかりやすく解説しているか

読者が全体をじっくり読んでくれるとは限らないので、流し読みもしてみてください。

  • 流し読みで内容が伝わるか
  • 見出しだけ読んで全体の内容が理解できるか
  • 適切なポイントで図解や写真が入っているか

関連情報を盛り込む

関連情報を盛り込むのも良いでしょう。

おすすめはSNSで検索して関連情報を貼り付ける方法です。

スマホ初心者のために観劇の際、慌てないように知っておきましょう、とう注意喚起できますね。

検索上位の記事を読んでみる

実際に検索上位の記事を読んでみましょう。

自分で書く前に読んでしまうと、どうしても引っ張られてコピー記事みたいになってしまいます。

僕はある程度記事が仕上がってから見るようにしています。そこで自分に足りない情報を自分の文章で付け加えます。

検索上位に記事があるということは、読者に対して有用な情報である可能性が高いので参考になります。

結果的に文字数や関連するキーワードが増える

読者目線で上記のことに気を付けながらブログを書いていけば自然と総文字数は増えていきます。伴って関連するキーワードも増えていき検索流入も増えます。

ブログを始めたばかりのころは難しいと思いますが、続けていくことで文字数の多い記事を書けるようになっていきます。

自分のブログの文字数をカウントする方法

文字数確認

自分が今何文字書いているか確認する方法は簡単です。

左上のⓘのマークをクリックするだけです。

文字数以外も見出しの構成も見れますので確認用に使えます。

他のブログの文字数をカウントする方法

気になるブログの文字数のカウント方法です。

文字数カウントツールなんもじなら簡単に文字数をカウントできます。

本文をコピーしてきて枠内に張り付けるだけです。

なんもじ

まとめ

ブログ記事の文字数は何文字が良いのか?
  • ブログに最適な文字数なんてない!
  • 伝えたいことを伝えるのに必要な文字数が最適な文字数
  • 読者のためにしっかり書いたブログが検索上位表示される
  • 読者のために情報を盛り込むと自然と文字数は多くなる

ブログを書く時に何文字かかなきゃと意識する必要はありません。自分が伝えたいことは書ききったと思えばそれでOKです。

ブログに慣れてくれば自然と長い文章がかけるようになってきます。

検索順位を意識するなら文字数より、内容や質を気にしましょう。そして多くの記事を書いて経験値を貯めることの方が大事です。

ちなみにこの記事は約5千文字でした。

おしまい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました