ブログに個性を!書き出し方と終わりの締めの言葉を決めよう!

ブログ運営

ブログの書き出しと最後の書き方って迷いませんか?上手に書き出したい、きれいに締めたい、なにか気の利いたことを書きたい、とか思ってしまいます。

そんな時は、書き出しと終わりの締めを、定型文のようにしてしまえば良いのです。

キリンの画像は特に意味は無いのです

ブログの書き出し部分のインパクト

ブログの書き出しは重要です。書き出しでその後の本文を読んでもらえるかどうか決まるほどです。そんな書き出しにインパクトを持たせられたら最高ですよね。

参考:「私の愛しいアップルパイへ」の正しい言い方【動画解説あり】 | jMatsuzaki

僕の好きなブログ、jMatsuzaki様の素敵なブログです。こちらのブログは毎回『私の愛しいアップルパイへ』で始まります。

もうそのインパクトだけで、一度でブログを覚えてしまいます。書き出し一つで人の脳にこれだけのインパクトを残すことができるのです。ブログ名は覚えられなくても、アップルパイの人のブログと覚えてもらえるのです。

そして記事の最後は『貴下の従順なる下僕 松崎より』で締めくくられています。『きかのじゅうじゅんなるげぼく』と読みます。勉強になりましたね。これでブログを読んだ人は「アップルパイの人は松崎さん」で脳にインプットされるわけです。

1年後に別の記事を読んだとしても思い出すことでしょう。

「あ!アップルパイの人のブログだ!」と。

これってすごい効果ですよね。人気ブログ・有名ブログを目指すならまずは覚えてもらうことが大事です。この強烈な書き出しは絶対忘れないですよね。自分たちもオリジナリティあふれる、個性的な書き出しを作りたいですよね。

ブログの締め部分の大切さ

ブログの締め方も頭を悩ます部分ですよね。僕の好きな締め方は、わかったブログ様。

参考:わかったブログ

記事の最後はいつも『今日のわかった』で締められています。こちらの凄いところはインパクトもありながらブログ名の宣伝も出来ていることです。

「今日のわかったでお馴染みの、分かったブログ」すごく覚えやすい。ちなみに当ブログ名を決める時にわかったブログ様の記事を参考にさせていただきました。

参考:多くの人に愛される「ブログ名」の付け方

わかりやすさは本当に大事ですね。

書き出しと締め方を固定化するデメリット

デメリットもあります。悪いイメージのまま覚えられると、そのイメージを払拭するのに苦労するでしょう。炎上や批判を受けたままに覚えられると、そのイメージはとれないでしょう。そうならないためにも、日ごろから真面目で誠実にブログ運営を行いましょう。

あとがき

書き出しと締め方を決めたらしばらく続けてみましょう。時間がたてばブログにも愛着が湧いてきますし、書かないと気持ち悪くなってきます。継続は力なりということで、続けていきましょう。ブログにインパクトが欲しい人はぜひ考えてみてください。

おしまい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました