今から始める仮想通貨投資!初心者にこそおすすめする理由と根拠を解説

仮想通貨
初心者
初心者

仮想通貨がよく話題にあがるけど、始めた方がいいですか?

今更はじめても遅い気がするし、リスクもありそうで怖い。初心者の私でもできるかな?

いざ
いざ

確かにリスクもありますが、しっかり理解すれば始めやすく、おすすめの投資法です。

仮想通貨投資はまだまだ歴史も浅く、将来的に成長する可能性も秘めています。ビットコインは5年で73倍になりました。投資のリスク分散という視点からも一緒に勉強して将来に備えましょう。

初心者の方と一緒に学んでいくスタイルで解説していきます。

仮想通貨とは?

仮想通貨とは

仮想通貨は、インターネットを通じて不特定多数の間で商品等の対価として使用できるもので、ビットコインをはじめとして様々な種類が存在し、取引量は増加傾向にあります。

日本円などの法定通貨と混同されないように「暗号資産」を命名されましたが、当ブログでは馴染みのある「仮想通貨」と記載します。

日本の「円」やアメリカの「ドル」のように国に管理されず、銀行などの金融機関も介さず、主にインターネット上の取引で扱われます。

そのため、国境を越えた送金が簡単にでき、今後の利用に大きな期待がもたれ、その価値に注目されています。

いざわ
いざわ

日本でも使えるお店が増えて来ていて、今後ますます利用価値が高まってくる可能性があります。

仮想通貨は大きく「ビットコイン」と「アルトコイン」の2種類にわけることができます。

ビットコイン(BTC)
  • 2022年現在、世界で最も価値が高く、利用されている仮想通貨(暗号資産)
  • 仮想通貨=ビットコインと連想されるほど有名で代表的な仮想通貨(暗号資産)
  • 発行枚数に上限がある(2100万枚)
アルトコイン
  • ビットコインの後に登場した、ビットコイン以外の仮想通貨の総称
  • ビットコインの代わりのコイン(alternative coin)を略して「アルトコイン(altcoin)」
  • 代表的なアルトコインはリップル(XRP)、イーサリアム(ETH)など

ビットコインはあくまで仮想通貨の一種。仮想通貨の種類は2,000種類以上あります。

仮想通貨の特徴

仮想通貨の特徴

なぜ仮想通貨はこんなにも期待され、価値が上がって、メディアでも多く取り上げられるのでしょう。その特徴を見ていきましょう。

成長分野で使われる可能性が非常に高い

最近耳にすることも多くなってきた「NFT」や「メタバース」、などに代表される「Web3.0」の世界では仮想通貨が利用されることが多いです。

国境を有しないNFTやメタバースの決済に仮想通貨が利用されているのがその価値を証明していますね。今後もこの動きはますます加速されると予想されていて、仮想通貨の価値はまだ底が知れていません。

これらのテクノロジーは今後重要になってきますので、学んでいく価値はありますよ。

価格変動が大きく投資目的に取引される

仮想通貨は投資目的で取引されることも多いです。その理由は成長性。2017年には1BTCが10万円だったのに対して、2021年11月には730万円の価格になりました。なんと73倍。200万円分買っていれば1億4,600万円。億り人(おくりびと)という言葉も流行りましたよね。

しかし2022年11月には1BTCが約300万円と、ピーク時の半分以下の価値になっています。この価格の変動の大きさが仮想通貨投資を難しく思わせる要因ですよね。投資が投機にならないように注意が必要です。

初心者も仮想通貨を始めるべき理由

初心者
初心者

仮想通貨が大きく稼げる可能性があり、同時に大きく損をする可能性もあることがわかりました。ということはやっぱり初心者には仮想通貨取引は難しいんじゃ・・・?

いざわ
いざわ

確かに大きく稼ごうとするとリスクが伴います。しかし初心者には少額からの投資をおすすめしています。

仮想通貨だけ一点張りで投資をするにはリスクが高いですが、資産形成には分散投資がおすすめです。NISAやiDeCoを併用して、その選択肢のひとつに少額からの仮想通貨投資を候補に入れるのは全然ありだと私は考えています。

仮想通貨投資の始め方

仮想通貨の始め方

仮想通貨投資と聞くと初心者には敷居が高く感じるかもしれませんが、まったくそんなことはありません。

仮想通貨取引までの4STEP
  • STEP.1
    口座開設のための書類を準備

    本人確認書類などの必要書類を準備します

  • STEP.2
    仮想通貨取引所で口座開設

    コインチェックやビットフライヤーなどの仮想通貨取引所で口座を開設します

  • STEP.3
    取引所口座に日本円を入金

    取引所口座に日本円で入金します

  • STEP.4
    仮想通貨を購入

    日本円を入金したら仮想通貨を購入しましょう。

いざわ
いざわ

こうやって見ると簡単ですよね。それぞれを詳しく見ていきましょう。

1.口座開設のための書類を準備

口座開設に必要なものは以下のものがあります。

  • 本人確認書類(運転免許証やパスポート、顔写真のないものは2点必要)
  • 自分名義の銀行口座
  • パソコンやスマホ

2.仮想通貨取引所で口座開設

口座開設方法は取引所ごとで違いますが主な流れは以下の通りです。

  1. 仮想通貨取引所にメールアドレスを登録
  2. メールアドレスに届いたメールから本登録
  3. 本登録で、個人情報や本人確認書類を提出
  4. 住所確認のハガキを受け取る
  5. 仮想通貨口座が開設完了

3.取引所口座に日本円を入金

ネット銀行からの振り込みが一番簡単ですね。振込手数料が無料になるネット銀行がおすすめです。

  • 銀行振込
  • クイック入金(取引所提携の金融機関であれば、パソコンやスマホから入金可能)
  • コンビニ入金

4.仮想通貨を購入

お疲れさまでした。ここまで出来たら仮想通貨を購入するだけです。

まず手始めに少額からビットコインを買ってみるのはいかがでしょうか?

取引所と販売所の違い

違い

仮想通貨を購入する場合、「取引所」と「販売所」どちらかで購入します。この二つの違いは知っておいてください。

大きな違いは、『取引をする相手』と『手数料』の違いです。

取引所
  • ユーザー同士で取引をおこなう
  • 手数料が安い
販売所
  • ユーザーと仮想通貨取引所で取引をおこなう
  • 手数料が高い

取引所を使った方が手数料分お得ということですね。

まとめ:仮想通貨投資は難しく考えず少額から始めるのがオススメ

仮想通貨投資について、イメージができたと思います。

高額の取引をするにはリスクが高い投資方法ですが、今後の成長が期待できる分野です。

分散投資の1つとして少額から仮想通貨投資を初めて、今のうちに知識を付けておくことは有利です。

この機会に仮想通貨投資を初めてみましょう。

500円からビットコインが買えるコインチェックがおすすめです。

Coincheck(コインチェック)公式サイトへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました