30代からITエンジニアへ

転職・正社員

30代未経験こそ働きながらITエンジニアに転職を目指してほしい!おすすめのプログラミングスクールも紹介!

30歳を超えて未経験だけどITエンジニアに転職したい。働きながらITエンジニアを目指したい。そう考える人は多いはずです。

30代では遅い?手遅れ?そんなことはありません。30代の人で、プログラミングスクールの転職サポートを受けて、働きながらITエンジニアに転職した人はたくさんいます。

30代で今の仕事に不安があり転職したい人、将来のために手に職つけたい人。そんなあなたにこそ、僕はITエンジニアを目指してほしいと考えています。

そんな30代未経験者にITエンジニアを目指してほしい理由と、プログラミングスクールの話をします。

30歳を超えて未経験でITエンジニアに転職できるのか?

プログラマーを含む広い意味でのIT技術者をITエンジニアと呼びます。プログラマーがプログラミングを主に仕事にするのに対し、ITエンジニアはソフトウェアの開発全般に関わる技術者となります。

30歳を過ぎてから未経験からITエンジニアに転職できるのか?できます!

IT業界は常に人手不足の傾向にあります。20代の若者はもちろん、30歳を過ぎたあなたにも十分チャンスがあります。

ただしプログラミングスキルが備わっているのが前提。本気でITエンジニアを目指すならプログラミングスクール等でしっかりとしたスキルを習得することです。

30代からITエンジニアを目指すのが難しいと言われる理由

30代からITエンジニアに転職するのが難しいと言われる理由
  • 若い方が体力がある
  • 若い方が成長が早いと思われがち
  • 30代の転職は実績やスキルを必要とされる

30代からでもIT業界を目指せますが、遅いとか難しいとかいう話を聞いたことがあると思います。その原因を見ていきましょう。

若い方が体力がある

基本的に若い方が体力があります。これは覆せない事実です。僕もアラフォーですが、20代の時と明らかに体力が違うと実感します。

プログラマーやエンジニアには体力が必要です。仕事のスケジュールがハードだったり、常に勉強してスキルアップしていかないとついていけない業界だからです。

大人になってから新しいことを覚えたり、勉強するのは意外と体力が必要です。

そのため30過ぎてからIT業界を目指すには体力面で心配されます。もちろん若い人には負けないと努力や根性でカバーするのは十分可能です。

若い方が成長が早いと一般的には思われている

若い人の方が成長速度が早いと思われがちです。日々成長を求められるIT業界では若い人の方が求められます。

実際は20代と30代でそんなに成長速度に差は感じません。要領を得た分、年を重ねてからの方が上手に成長できる可能性すらあります。

こちらも自分の努力次第でカバーできます。

30代の転職は実績やスキルを必要とされる

一般的に30代の転職者には、企業は実績やスキルを求めます。IT業界だと、プログラミング能力やマネジメント能力、コミュニケーション能力などですね。

経験豊富でプログラミングもできるというのが理想ではありますが、大丈夫です。IT業界は人手不足なので、プログラミングスクールなどできちんとスキルを付ければ、転職の余地はあります。

30代でプログラミングを始めて、ITエンジニアを目指すのは遅いのか?

30代からプログラミングを始めて、ITエンジニアを目指すのは遅いのか? 遅くありません!

30代からプログラミングを始めてITエンジニアに転職した人はたくさんいます。上記の通り、体力面や成長面で心配されるためそのような話があるだけです。

必要なのは本気度とやる気です!

30代・未経験者にこそITエンジニアを目指してほしい理由

30代から未経験でITエンジニアを目指すことに問題がないことはわかりましたね。

さらに、そんな30代だからこそITエンジニアを目指して欲しい!と僕は考えています。


30代にITエンジニアを目指して欲しい理由
  • IT業界はエンジニア不足
  • IT業界は今後も伸びる業界
  • 現代はプログラミングを学ぶ環境が整っている
  • プログラミングスキルは一生使え、安定した高収入を目指せる
  • 他業種の経験が活かせる
  • 正社員、フリーランス、副業と自分に合った働き方ができる

IT業界はエンジニア不足

繰り返しになりますが、IT業界は人手不足です。30代でも、しっかりとスキルを身に付ければ、需要があります。

30代で未経験ウェルカムな業界ってあんまりないです。IT業界が完全に30代未経験者ウェルカムとは言いませんが、しっかりとしたスキルがある人には求人はたくさんあります。

IT業界は今後も伸びる業界である

これからの世の中、IT業界はまだまだ成長していく言われています。

年収を上げたいのなら、伸びていく業界に身を置くことがベストです。今後に向けてますますお金が必要となってくる30代において、年収は大事な要素です。

成長業界でしっかりと高収入を目指しましょう。

現代はプログラミングを勉強する環境が整っている

僕が学生だった20年以上前はインターネットも充実してなくて、プログラミングを学ぶなら独学か専門学校や大学へ行くぐらいしか選択肢がありませんでした。

しかし現在は、プログラミングスクールも充実し、わからないことはインターネットで検索できるようになりました。

オンラインのスクールも多々あり、プログラミングを勉強する環境がとても恵まれています。さらに働きながら学べ、転職するのも当時に比べると容易になってきています。

スキルは一生モノ、安定した高収入を目指せる

プログラミングスキルは一生使えるスキルです。ITへの需要も高まって、自分の頑張り次第で、安定した高収入を目指せる業界になっています。

他業種の経験が活かせる

未経験でIT業界を目指すということは、あなたには他業種の経験が活かせるチャンスがあります。

接客業や営業ならコミュニケーション能力。肉体労働なら体力など。今までの経験は決して無駄ではありません。

あなたの経験を必要とするIT企業が必ずあります。さらにプログラミングスキルをしっかり身に付ければ、スキル+経験で転職への大きな武器になるのです。

正社員、フリーランス、副業、自分に合った働き方を実現できる

ITエンジニアは自分に合った働き方を選べます。

  • 正社員
  • 契約社員
  • フリーランス
  • 副業

自分に合った働き方を実現することで、無理なく続けることもできるでしょう。

ITエンジニアの平均年収は?

ITエンジニアは高収入を目指せるといっても、どのくらい稼げるのでしょうか?

ITエンジニアの平均年収は489万円と言われています。2021年に厚生労働省から発表された日本人の平均年収が430万円ですので、ITエンジニアの平均年収がいかに多いかわかりますね。

参考 ITエンジニアの平均年収_求人ボックス

30歳を超えてからのプログラミングスクールの正しい選び方・選ぶポイント

プログラミングスキルをしっかり身に付けて転職活動を行えば、30歳を超えてからでもITエンジニアに転職できます。

では、肝心のプログラミングスキルを身に付けるにはどうすれば良いでしょうか?働きながらだと、独学かプログラミングスクールになりますね。

おすすめはプログラミングスクールです。プログラミングの勉強ではわからいことをすぐに聞ける環境が大事です。

プログラミングスクールの講師にわからないことは聞けばいいし、効率的に学習できるため、スキルを身に付けるための期間も独学より短いでしょう。

プログラミングスクールの特徴をしっかりと理解して、正しい選び方とポイントをおさえましょう。

選ぶポイント
  • 期間と金額
  • 教育訓練給付金を受けれる?
  • 転職保障はある?
  • 学習サポートの内容
  • プログラミングスキルが身に付く?
  • ポートフォリオ作成サポートはある?

期間と金額

プログラミングスクールに通う期間は重要です。主なスクールの期間は3か月から6か月です。この間にスキルを身に付け転職活動も並行しておこないます。

働きながらなのか、オンラインか通いなのか、金額はスクールや期間によって変わります。価格が高くても将来の自分への投資と割り切って、自分に合ったスクールを選びましょう。

教育訓練給付金を受けられるか?

教育訓練給付金は国からプログラミングスクールにかかった費用を支給してもらる制度です。プログラミングスクールは専門実践教育訓練給付にあたります。

支給される金額は最大で、必要だった費用の70%です。例えば50万円が学費だったら、35万円支給されます。実質15万円でプログラミングスクールに通えるということですね。

ただし支給される上限額は、56万円。100万円の受講料なら70万円支給されるところ、上限額の56万円までしか支給されません。

この制度が使えるプログラミングスクールは限られていて、利用に細かな条件もあります。詳細は各スクールの無料カウンセリング等で聞けますので、自分が利用可能かどうか確認してみてください。

転職サポート、転職保障はあるか?

プログラミングスクールを受講した人を対象に、転職のサポートをしてくれる制度があります。

転職保障のサービスが付いているスクールもあります。転職できる可能性を上げるためにも利用したいサービスです。

転職保障は、条件を満たした人に対して転職先を見つけてくれるサービスです。期間内に転職先が見つからない場合、受講料を全額返金などの制度があります。

ただし年齢制限を設けている場合があります。20代限定のところもあります。39歳まで受けれるスクールもありますので、自分の年齢で転職保障が受けられるのか、無料カウンセリングで確認しましょう。

学習サポートはしっかりしているか?

プログラミング学習は未経験者には難しく、何をしたら良いのか、何から始めれば良いのか、よくわかりません。

途中であきらめてしまってはせっかくのスクールが無駄になってしまいます。

講師に質問できる環境を駆使して最後までカリキュラムを終えましょう。

特に、わからないことはいつでも質問できる環境やワンツーマンで指導してくる制度があればより良いです。

未経験者が挫折しないような学習サポートがあるスクールを選びましょう。

本当にプログラミングスキルが身に付く?

本当にプログラミングスキルを身に付けることができるのか?これは一番大事なポイントです。

プログラミングスキルは理解したつもりでも実務でまったく使えない、ということも起こりえます。

せっかくプログラミングスクールを利用しても、大したスキルも身に付かないと転職もうまくいきません。

実務レベルのスキルを教えているか、卒業生がきちんと転職できているか、このあたりを確認しましょう。

ポートフォリオ作成サポートはある?

未経験の場合、企業側があなたにどのくらいのスキルがあるのかを測るためポートフォリオの提出を求めることが多いです。

IT企業でいうポートフォリオは、簡単な作品だったり、デザインだったりします。

しかし未経験でゼロからポートフォリオを作るのは大変です。基本的に転職サポートがあるスクールにはポートフォリオ作成サポートもあります。

念のため無料カウンセリングでポートフォリオ作成サポートがあるのかを確認しましょう。

3 0代未経験者がプログラミングスクールを利用するときの注意点

30代未経験者がプログラミングスクールを利用するときの注意点
  • 転職保障の条件
  • 学習目的を明確にする
  • 学習スケジュールの確認
  • マンツーマンレッスンの回数の確認

転職保障の条件に注意

絶対にIT企業へ転職したい人に、転職保障はおすすめの制度ですが利用するための条件があります。

条件はスクールによって細かく違います。年齢制限だったり、転職回数だったり。自分が受けたいスクールの転職保障の条件は、事前に無料カウンセリングで確認しましょう。

学習目的を明確にする

目標がブレていると学習効率も下がり転職への道は遠ざかります。30代なら最短で転職を成功させたいですよね。

そのためには学習目的を明確にしましょう。転職したい企業に必要なスキルを絞り、集中して学習しましょう。

最低でも分野と言語は絞って学習します。Web系で言語はRuby、などです。そうしないと短期間のプログラミングスクールで結果を出すのは難しいと感じます。

スケジュールの確認

スケジュールの確認も大事です。例えば5か月のスクールの場合はだと3か月目にはある程度志望企業を決めておくとか、4か月目にはポートフォリオ作成に入るとか、おおまかでも大丈夫。

自分がどのような動きをとるべきなのかを頭に入れておくのは重要なことです。

マンツーマンレッスンを受けられる回数の確認

スケジュールの確認と合わせてマンツーマンレッスンの受けられる回数も確認しておきましょう。

スクールによってはマンツーマンレッスンの回数が制限されていることがあります。

次回のマンツーマンレッスンがいつなのか、それに合わせて聞きたいことをまとめて、効率よく学習をすすめましょう。

30代におすすめのプログラミングスクール 4選

30代でも転職可能なおすすめのプログラミングスクールを4つ紹介します。

名称DMM WEB CAMPTECH CAMPTech AcademyPOTEPAN CAMP
転職コースCOMMIT
PRO
短期集中プラン
夜間・休日プラン
エンジニア転職保障コースRailsキャリアコース
価格(税込) 624,800~910,800 657,800~877,800437,800440,000
分割払い
給付金の対象PROコースのみ対象両プラン対象対象対象外
期間12週~16週10週~16週20週
転職保障あり(30歳未満)あり(39歳以下)あり(32歳以下)あり(30歳未満)

DMM WEB CAMP(ディーエムエム・ウェブ・キャンプ)

DMM WEB CAMPには何種類かコースがあります。その中でも転職に特化しているコースが2つ。

  • DMM WEB CAMP PRO
  • DMM WEB CAMP COMMIT

COMMIT はフルタイム学習で、教育訓練給付金の対象になっています。

PRO は働きながら転職を目指す人向けのコースです。

転職保障は20代限定ですが、転職サポートや専属のキャリアアドバイザーに相談できたり、サービス葉充実しています。

まずは無料カウンセリングから始めてみましょう。

オンライン完結型スクール DMM WEBCAMP PRO 公式サイトへ

TECH CAMP(テック・キャンプ)

TECH CAMPは教育訓練給付金の対象になるコースがあります。

  • オンライン学習 短期集中プラン
  • オンライン学習 夜間・休日プラン

短期集中プランは1日学習に時間が使える人向け。

夜間・休日プランは働きながら学習する人向けになっています。

TECH CAMP 最大の特徴は、夜間・休日プランも教育訓練給付金の対象になることです。つまり働きながら学習でき、給付金も受けお得に学習できます。

さらに、転職保障が39歳まで受けれること。これは30代未経験からITエンジニアを目指すならかなり有利な条件となっています。

細かい条件等ありますので、まずは無料カウンセリングで詳しく聞くと良いでしょう。

TECH CAMP の公式サイトへ

Tech Academy(テック・アカデミー)

Tech Academy は教育訓練給付金の対象になっています。

オンライン学習ですべてが完結し、企業との1次面接もほとんどがオンラインでできます。

転職保障もありますが、32歳までとなっています。32歳までで地方在住の人にはおすすめできるプログラミングスクールです。

気になることは無料カウンセリングで聞いてみましょう。

Tech Academy の公式サイトへ

30代に特におすすめのプログラミングスクールはこれ!

おすすめのプログラミングスクール

30代でITエンジニアを目指すのであれば、特におすすめしたいプログラミングスクールがあります。それはポテパンキャンプです。

POPTEPAN CAMP(ポテパンキャンプ)

30代にポテパンキャンプがおすすめな理由
  • 転職サポートがある
  • Web系自社開発企業への転職が強い
  • 人気の Ruby が学べる
  • 30代未経験での転職実績がある
  • 無料カウンセリングがある

ポテパンキャンプは未経験者向けに、Web系開発現場で通用するスキルを身につけることができます。実践的でわかりやすい学習サポートで効率的に学習できる環境を提供してくれます。

転職サポートもついており、なんと20代のweb系企業への内定率は100%です。(2021年7月~10月)

期間は5か月で、HTML/CSS/JavaScriptの基礎とRubyをメインで学習します。実際の開発現場を想定した授業もありますので、就職して即戦力になれる実力を手に入れることができます。

そして30代でも未経験からWeb系自社開発企業に就職実績があるのが大きな強みです。36歳から未経験で転職している体験談も載っています。

給付金の対象外なので、他のスクールに比べて割高になってしまうのがデメリットです。ただし人気のWeb系自社開発企業へ転職の可能性が高いのは、デメリットを上回るメリットだと思います。

Web系自社開発企業を目指すなら、30代におすすめしたいイチオシのプログラミングスクールです!無理な勧誘もされない、無料カウンセリングがありますので、まずはそこから相談を始めるのが転職への第一歩です。

ポテパンキャンプ公式サイト

ITエンジニアになるために必要なスキル

30代からITエンジニアを目指すにあたって必要なスキルはなんでしょうか?

  • プログラミングスキル
  • 論理的に考える力
  • コミュニケーション能力
  • 自分で物事を解決しようとする意志

プログラミングスキル

ITエンジニアを目指すのであればプログラミングスキルは必須です。どのプログラミング言語を学習すれば良いでしょう?

自分がなりたい職種に合わせて学習するのが基本ですが、プログラミング言語は多くあります。

  • Ruby
  • Python
  • Java

web系プログラマーだとこのあたりが需要が高いですね。特にRubyの需要が今後も見込まれます。

Ruby(ルビー)

Rubyは日本人である、まつもとゆきひろ氏が制作したプログラミング言語です。

多くのWeb系企業で、Webサービスやアプリケーションを作成するのに使われています。

Rubyが使えると転職できる企業が多くなるしょう。

転職サイトのdodaでは、Rubyに関する求人数が約1,800件あります。

一般的に独学でWebアプリケーションが作れるようになるまで300時間かかると言われています。

Python(パイソン)

PythonもWebサービスやアプリケーションを作成するのに使われます。

初心者でも学習しやすいのが特徴で、最近ではAIビジネスでの活躍も目立っています。

Python関係の求人も多くあり、人気の言語です。

転職サイトのdodaにあるPython関連の求人数は約4,000件あります。

一般的に独学で基礎を習得するのに300時間かかると言われています。

Java(ジャバ)

JavaもWebサービスやアプリケーションを作成するのに使われます。C言語を基礎とした言語です。

汎用性が高く、こちらも人気の言語です。androidアプリの開発に良く使われています。

転職サイトのdodaにあるJava関連の求人数は約6,500件あります。

独学で習得するには300時間~400時間かかると言われています。RubyやPythonに比べて初心者には難しいかもしれません。

論理的に考える力

論理的に考える力、物事を順序立てて考えて、構築していく力です。

プログラミング言語は単語の並びのようなものです。それを論理的に効率よくコンピューターに理解させるには独特のセンス、考え方が必要です。

またプログラムを他人にもわかりやすく見せる力も必要とされます。読みにくいコードを書くと他人だけでなく、後から自分で見てもわからなくなることがあります。

コミュニケーション能力

プログラマーにコミュニケーション能力が必要なの?と驚かれるかもしれません。しかし、職場ではチームで開発することも多く、仲間とのコミュニケーション能力が求められる場面も多くあります。

進捗状況や方向性、プログラムの内容についてなど、詳細に打ち合わせをしつつ、完成をみんなで目指していくのです。

あなたがもし営業や接客業などを経験してコミュニケーション能力に自信があるならば、アピールポイントになるでしょう。

自分で物事を解決しようとする意志

ITの世界は日々成長していきます。目まぐるしく変わる業界で取り残されないように、常に新しい技術や情報を取り入れていかなければなりません。

わからないこと、問題にあたったら自力で解決しようとする意識が必要です。インターネットや書籍で調べる習慣はつけておきましょう。

30代で転職成功させるためのプログラミングスクールでの学習方法

30代で転職を成功させるためにはどんな学習方法が良いのでしょうか。プログラミングスクールに通うのを決意されたなら、最後のチャンスだと思って学習に取り組んでください。

高い授業料を払って、限られた期間で学習するのですから、気合を入れましょう。

自分が取り組むと決めた言語は、スクールが始まる前に事前学習してください。入門書の内容くらいは理解できていると良いでしょう。

事前知識があるのとないのでは、プログラミングスクールでの学習効率が全然ちがいます。

最初でつまずくとその後チンプンカンプンになってしまい、プログラミングが苦痛になってしまいます。

手に職をつけて長い付き合いになるプログラミングとは、楽しく向き合わないと続きません。

スタートダッシュを決めるためにも事前学習をぜひおすすめします。

あとがき

30代からでもIT業界を目指すのは遅くありません。僕はもうすぐ転職保障が受けられない年齢になってしまいます。

みなさんは手遅れにならないように、一日でも早く、思い立ったら行動してください。それにはまず無料カウンセリングで疑問点をなくすことから始めましょう。

迷ったら全部のスクールへ聞いてみても良いですし、資料請求という方法もあります。とにかく行動を起こさないと何も変わらないまま時間だけが過ぎてしまいます。

あなたに素敵なエンジニアライフがありますように。おしまい。

ポテパンキャンプ公式サイトへ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ダーマ

【お金とお得な情報を毎日朝6:00にTwitterで発信中】┃就活失敗▶︎無職▶︎非正規雇用▶︎借金▶︎ブログで借金返済▶︎転職成功▶︎Twitter×ブログで収益化┃アマゾンアソシエイト参加中┃お金に強くなりたい人はフォローお願いします!┃Twitterフォロワー数3,000名。

-転職・正社員