大前研一さんの人生を変えるための3つの方法を試してみる

人生の交差点 ライフハック

突然ですが、あなたは人生を変えたい!と強く思ったことはないでしょうか?

僕は日々流されるような人生を送っていて、もっと有意義な人生を送りたいと考えたりします。

だれしもそういったことを考えることはあると思います。では、いったいどうしたら人生を変えられるのでしょうか?

当然、僕だってまだ人生を変えたい真っ最中なので、答えは出ていません。しかし最近興味深い考え方を知ったので、自分で試してみるとともに、ここでご紹介させていただきます。

人生を変えるための3つの具体的方法

人生の交差点

知っている人も多いと思います。僕は最近まで知りませんでした。お恥ずかしい。

大前研一さんという経営コンサルタントをしている人で、本もたくさん出版されているすごい人。この人の言葉です。

大前研一さんが言うには、人生を変える、というより人間が変わるには、この3つの方法しかないそうです。

  1. 住む場所を変える
  2. 付き合う人をを変える
  3. 時間配分を変える

なんとなくですが、この3つを変えれば人間が変わり、人生が変わりそうな気がしますよね。

僕は以前、林修先生がテレビで言ってたのを聞いて初めて知りました。その中で林先生はこうも言っていました。

「一番無意味なのは決意を新たにすること」

これも大前研一さんの言葉なのですが、僕にはこの言葉は衝撃でした。

僕は今までに、一体何回、人生を変えたくて決意を新たにしてきたことか。数え切れません。

そして決意を新たにして人生が変わったかと言うと?答えはノーです。

気持ちを入れ替えて決意を新たにしたところで、3日もすればその気持ちは薄れてしまいます。

そしていつもの変わらない毎日が待っているだけです。

人生を変えたければ、決意だけでなく具体的な行動が必要となってくるのです。

ということで、人生をより好転させたい僕は、決意を新たに、この方法を試してみることにしました。

住む場所を変える

住む場所を変えるだけで視点が変わってくる、と大前研一さんはおっしゃいます。

住む場所を変える手っ取り早い方法は、もちろん引越することです。ここでは僕が実際に転職して引っ越した経験からお話させていただきます。

僕は子供の子育ての環境の改善を求めて、転職して引っ越した経験があります。

子供の少ない地域に住んでいた僕たち家族は、子供のお友達の多さを求めて、少し都会に転職して引っ越しました。子供の同級生も10人だったのが40人ほどに増えて、地域のソフトボールクラブに入ることもできました。

これだけで人生変わったと思いませんか?田舎で細々と暮らしていた生活から、少し都会での生活にかわりました。仕事も変わって少しだけ年収も増えました。

付き合う人を変える

昔どこかで聞いた話に、あなたと過ごす時間が長い人を5人挙げなさい。その5人の人生が10年後のあなたの人生です。というのがあります。

それだけ付き合う人間が、自分の人生に及ぼす影響というのは大きいということです。

今人生が上手くいってないと思うのなら、付き合う人を変えるというのは有効な手段だと言えます。あなたはいつも同じ人と仕事をして、同じ人と食事をしてお酒を飲み、同じ人とグチっていませんか?これはまさに今の僕にも当てはまることだったりします。

職場では同じ顔ぶれ、友人も少なく、家族と過ごす毎日。これでは新しい刺激や情報、考え方などは入ってきませんよね。

しかし妻や子どもをほったらかしで色んな人と食べたり飲んだりするわけにもいきません。節度を持って交流しなければなりません。

職場の人間と同じレベルで会話をしない、ということが考えられます。例えば同僚と一緒になって会社のグチを言っているようでは、その状況から抜けることは難しくなってきます。考え方、思考を一定に凝り固まらないようにすることが重要です。

先ほどの例のように、僕は転職しましたので、職場の人間も変わりました。この人たちが僕の人生にどう影響してくるのかは、これからです。

時間配分を変える

この時間配分を変えるということが、一番手軽で効果的だそうです。

住む場所を変えたり、付き合う人を変えるのは、仕事や環境から簡単には変えにくいでしょう。

しかし時間配分を変えるのは自分の工夫次第で変えることができます。時間配分を変えることで少しづつ人生を変え、住む場所や付き合う人を徐々に変えていくのが理想ですね。

時間をただ浪費することを減らして、人生を変えることに時間を割いていく。

具体的にはテレビやゲーム、趣味の時間を減らす。読書、ブログ、運動、勉強、といった自己投資の時間を増やす。こういうことですね。

僕の場合は、遊び、ゲームやスマホをイジる時間を減らして、ブログや副業に取り組む時間を増やすことですね。

1番の問題は変えた時間配分をどうやって守るか、という点にあるのですが。それこそ決意を新たに絶対守る!では長続きしないでしょうからね。

まずは子どもが寝た後、夜10時から12時までは必ず自己成長のための時間に使う。と決めています。人生を変えたかったらこのくらいのことは気合で乗りきらなくてはいけませんよね。このルールだけは必ず守る。ということにしましょう。

守れなかった時、また対策を考えるとします。

あとがき

以上が僕が人生を変えるために取り組む3つの方法です。

これから僕の人生がどう好転していくのか、またご報告させていただきたいと思います。

おしまい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました